治療に専念することで快方へ向かう時間も早まります

前向きになるために

医者とハート

その仕組みや特徴を理解しよう

障害者年金うつ病を申請するならば、事前にその仕組みを知っておくと良いでしょう。障害者年金うつ病では、まずなんといっても申請するための書類が必要になります。いくつか種類がありますが、この中で比較的重要なものの1つが、医者に出してもらう診断書です。大抵の場合、心療内科や精神科などに行き診断書を出してもらうことになります。この診断書の結果によって、どれぐらい障害年金が給付されるかが決まると言っても過言ではありません。病状が重たければ重たいほど、お金が多く給付される仕組みです。とは言え、その人の給料と同じ位もらえるわけではありません。病床手当のように、月収の3分の2までなどと決まっているわけではありませんが、おおむね1ヵ月6万円から10万円位になるのが特徴です。このように金額の違いが生じるのは、等級によってもらえる金額が異なるからでしょう。例えば、1級に該当する場合かなり重い症状になることが普通です。この場合には、毎月10万円位のお金が支給されるのがポイントです。症状としては、自力で生活できないほど悪化している状態であることが必要で、その旨診断書に書かれていることが大事です。それ以外の書類等は、社労士などにお願いして作ってもらうのも1つの方法といえます。

これから障害者年金うつ病の申請をするならば、知っておきたい特徴の1つが家族がいる場合に、家族の分ももらえることがあることです。例えば、結婚している場合、配偶者の分ももらうことができる可能性が高いです。また、子供がいる場合には子供の分ももらえることがあります。これは条件によって変わってきますので、配偶者や子供がいる場合には、その条件を満たすことが重要になるでしょう。まず、原則として3級に認定される場合には子供に対しても配偶者に対しても給付される事はありません。つまり、2級以上でないと自分の分しかもらえないことになります。そして、審査結果が出たときに2級以上に該当したとしても、それ以外の条件が整わなければいけません。例えば、子供であっても配偶者であっても、それぞれの年収が850万円以上の場合にはもらうことができません。また、どちらの場合も同居していることが給付の条件になるでしょう。個別に見ていくと、子供の場合は18歳以上になっていないことが必要になります。18歳以上になっていれば、働くことができるからです。一方で、配偶者の場合は、65歳以上になっており年金の給付を受けていないことが条件になるでしょう。このように、いくつかの条件をクリアすることが障害者年金うつ病で家族が給付を受けるための条件です。

Copyright© 2019 治療に専念することで快方へ向かう時間も早まります All Rights Reserved.