治療に専念することで快方へ向かう時間も早まります

まずは知っておきたいこと

悩む男性

相場や知っておくと良い情報

近年は、様々な影響で精神科や心療内科に通う人が増えています。その中でも、特に多いのがうつ病になります。うつ病になってしまうと、自分自身で治療することが難しいためプロにお願いするのが1番でしょう。この時、会社にしっかりと通うことができていれば問題ありませんが、長期的に休みになるような場合や会社に行く日と行かない日が半分ずつ位の場合には、障害者年金を申請することができます。障害者年金うつ病で困っている場合には、まず病院に相談するのが良いです。障害者年金うつ病の状態では、多くの場合診断書を書いてもらえれば申請に通る可能性が高いです。その時障害年金が支給される相場ですが、1ヵ月あたりおよそ6万円から7万円ぐらいになると言っているでしょう。このように、金額が多少前後しますがこれはどの等級に該当するかによって変わってくるといえます。例えば、1級に該当する場合には7万円位もらえるのがポイントです。ところが、2級の場合はもう少し金額が減ってしまいます。また、3級になるとそもそも障害年金をもらうことができる場合とできない場合があります。会社員なので厚生年金に加入していればもらうことができますが、そうでなければもらうことができないため注意が必要です。

障害者年金うつ病の患者は、どのようにしたらお金をもらうことができるかがポイントになります。うつ病になったとしても、障害者年金うつ病に該当しなければそもそもお金をもらうことができません。この時、重要になるのは診断書と言えるでしょう。診断書は自分で書くことができませんので、担当している医師に書いてもらうのが基本です。どのような診断内容になるかで、等級が決まってきます。もちろん、大げさに書けば1級になるとは限りません。実際の症状と診断書に書かれている内容に相違があれば、1級に認定されないどころか、3級すら認定されない可能性があります。そのため、医者に対しても正直に現在の状態を述べることが必要です。具体例としては、毎日会社に通っていてあまり欠席をしていないにもかかわらず、ひどい状態のうつ病と診断書に書かれていたとすれば、大きな相違がありますので認められないでしょう。もし認められる場合には、結婚している人ならば子供の分や配偶者の分がもらえる可能性があります。ちなみに、国民年金の場合には2級以上にならないと子供の分をもらうことができません。これに対して、厚生年金に加入している場合には3級でも子供や配偶者の分をもらうことが可能になります。

Copyright© 2019 治療に専念することで快方へ向かう時間も早まります All Rights Reserved.